【炊飯器】内釜の種類と違いを知ろう!




炊飯器の内釜は、その材質の種類によって炊いたお米の完成度に影響します。

今回はたくさんある内釜の種類の中から代表的なものをピックアップして解説していきます。


 内釜による値段の違い

 

炊飯器を購入するうえで内釜にこだわる必要はあまりないと思う僕ですが、例外的にかなり値段の高い内釜があったりするので一部ご紹介します。

内釜の材質による値段の違いは炊飯器の加熱方法以上に影響力が高いです。

 

 

4つとも同じIH炊飯器で同じ加熱方法、そして同じだけの合数を炊くことができますが、3行目の木炭釜を採用している炊飯器だけ値段がとんでもないことになっていますよね。3倍程の差があります。

純度の高い炭で作られた内釜はそれだけ値段も高くなってきますし、炭だけに限らずメチャクチャ内釜を押してくるような炊飯器は基本的に値段が跳ね上がります。

それだけ美味しいご飯が炊けるんでしょうか、、炊けるんでしょうね。。。

 

内釜の材質によって炊飯器自体の値段に極端な差がでてきますので、その違いをしっかりと把握したうえで、自分にあった炊飯器を購入していきましょう。

 


 内釜の種類と機能面での違い

 

内釜の材質はお米の仕上がりや熱の伝わり方に関わってきます。

炊飯器を選ぶうえであまり気にかけるようなポイントではありませんが、炊飯器はよく使う家電のはずですから、できれば自分に合った炊飯器を選びたいものです。。

熱効率が高い内釜であれば素早くお米を炊くことができますし、保温能力の高い内釜であれば炊けたばかりのお米の状態を長く維持させることができます。

ひとまずは、内釜の種類と特徴をそれぞれ見ていきましょう。

 


1.多層釜

 

IH炊飯器や圧力IH炊飯器によく使われる内釜です。

基本的に熱伝導率が高くなるよう作られており、作成した企業やメーカーによって他の性質は変わってきます。

 

ひとえに多層釜といっても、混ぜ合わせた材質や重ねた層の数まで企業によってまちまちです。

IH炊飯器に使用する内釜として最も適切な材質の比率や層の厚さといったものは未だに解明されておらず、開発者は研究を続けている途中でして、、

新しい多層釜を作るたびに「これがベストな配合です!」と言わんばかりに紹介していますが、美味しいお米の炊け方というのは人それぞれ違うはずですので、まぁこんなものもあるんだ程度に思ってもらえれば十分かと思います。

 


2.アルミ釜

 

こちらはマイコン炊飯器でよく使われる内釜。

アルミ自体が安いですし、マイコン炊飯器の加熱方法的に熱伝導率の高いアルミは相性が良かったりします。多層釜の材質の一部にも使用されるほどですからね。。

 

前述した通り、アルミ釜が使われるのは大抵マイコン炊飯器なのでこの内釜が使われている炊飯器は大体安いです。

 


3.鉄釜

 

IH炊飯器とアルミ釜との相性はあまり良いものではなく、その結果採用されたのがこの鉄釜です。

加熱という性質そのものに問題はなく、アルミと比べて発熱効率が高く、また企業側としても加工がしやすいため、鉄釜を使った炊飯器が出回ったりしているのですが、、

 

しかし人々は鉄釜を購入して使ってみたとき、または買おうとして手に取ったときに気がつきます。

「あれ、これめっちゃ重くね?」

他の内釜と比べてかなりの重さがあり、また内釜はお米を研いだり掃除したりするときによく移動させなければならないものであるため、そのストレスはそこそこのものになります。

 

ただ重いといった欠点もありますが、高級炊飯器の殆どは「かまどで炊いたようなお米」を目指しているらしく、「鉄製はかまどで炊くのに近い効果が得られる」と技術者は言っているので、多分そうなんじゃないでしょうか。

「圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』NP-ST10 南部鉄器 極め羽釜」なる炊飯器は内釜を鉄で作っており、購入者のレビューを見てもかなり美味しく炊けるといった声も多く、わりと評判のようです(お値段¥13万6,500円)。

 


4.炭素釜

 

鉄釜と似たような性質をもっており、発熱効率が高く内釜そのものが冷めにくい材質のため、炊いてすぐの状態を長く維持することができるのが特徴です。また、鉄釜ほど重くないのもポイントですね。

 

欠点としては比較的高価なことと、炭という材質上衝撃に弱く、手が滑って割っちゃったという人が多いのがこの炭素釜です。

その点を除けば内釜としての性能は非常に優秀ですので、興味がある方は購入してみるのも良いんじゃないでしょうか。美味しく炊けるはずですよ。。

 


5.土鍋釜

 

僕自身いろいろ考えたり調べたりしましたが、材質的にわざわざ土鍋を採用する理由が本当に分かりませんでした。

というのも、材質的に土鍋が優れている点はほとんどなく、商品としてみても土鍋の外側などを頑張ってコーティングして無理やり内釜としての役割を持たせたような製品のようです。土鍋とIH炊飯器との相性は本来あまり良くないのです。。

当然無理やり技術を駆使して作成されているので値段は他の内釜と比べてお高いと。。。

それでも一生懸命売った結果、そこそこのお客さんが買ってくれたようなので、やっぱり広告と宣伝の力は偉大だなーと感じた今日の僕でした。

 

まぁ土鍋を使えばいろいろと雰囲気はでますし、お米自体は問題なく炊けるようなのでデザインが気に入ったものであれば購入するのも悪くないかと思います。

 


 まとめ

 

正直に言えば、内釜にこだわる理由はそんなに無いように思えます。

炭素釜や高級鉄釜を使えば美味しくお米が炊けるという声はよく聞きますが、それに見合った値段か?と言われると庶民派の僕的には首を傾げてしまうところです。

 

ですが炊飯器は非常によく使う家電ですし、10年ほどお世話になってもおかしくない家電のはずです。

お米はよく炊くものでしょうから、これを機に高級炊飯器にチャレンジするという手も全然ありだと思います。やっぱり美味しいご飯、食べれるんだったら食べたいですからね。。

という訳で、あらかたの内釜の紹介が終わったところで、、

自分のこの先10年ほどのご飯とお財布事情を考えて、あなたが自分にあった炊飯器を購入できればと思った次第でした。。。

【関連記事】