実は回らない電子レンジが優秀?ターンテーブル式とフラットテーブル式について




電子レンジには下に丸いお皿がついているものとそうでないものがありますよね?

温めている途中に回るお皿がついているのがターンテーブル式で、電子レンジの下面に直接加熱したいものをのせるタイプのやつがフラットテーブル式です。

早々に結論を述べますが、機能面ではフラットテーブル式が圧倒的に優位です。

どっちがいいのか?と想像してみると、ターンテーブル式のほうが食品が回転する分だけ温まりやすい…と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。そのあたりも解説していきます。

なぜターンテーブル式は人気なのか

一言でいうと、安いからです。

ターンテーブル式の電子レンジはフラットテーブル式のものと比べて値段が安く、またシステム的にも簡単なものを採用している製品が多い傾向にあります。

ただ安いからといって問題があるわけではなく、ターンテーブル式の電子レンジであっても誤った使用方法をしない限りは通常通りの加熱をすることができますのでご安心を。

現にAmazonで人気の電子レンジとオーブンレンジを調べてみても、ランキング上位のものはすべてターンテーブル式の電子レンジだったりします。

ターンテーブル式の構造

前述のとおり、ターンテーブル式の電子レンジはフラットテーブル式よりも単純な構造をしています。しかしその分、フラットテーブル式と比べて加熱方法に難があるのです

そんなコスト安でつくられているターンテーブル式の構造をざっと表したのがこちら。

ターンテーブル式の電子レンジの場合、「あたためボタン」をポチっと押すと下のターンテーブルがぐるぐる回りますよね。

これはアンテナから放出されるマイクロ波を温めたいものに全方向からまんべんなく届けるための仕組みです。

ターンテーブル式の電子レンジはマイクロ波を放出するところが1ヶ所で固定されているので、ターンテーブルがないとマイクロ波が届かない場所がでてきてしまいます。

ようは温度にムラができてしまうということですね。

この加熱方法こそがターンテーブル式の弱点で、そもそもターンテーブルを回して加熱していてもなぜか一部分だけ冷たいままという状況ができてしまう原因でもあります。

ターンテーブル式は食品が回ってくれないとダメ

要約するとターンテーブル式の電子レンジはターンテーブルがあるから食品が温まりやすくなるというよりも、ターンテーブルがないとまともに温まらないというのが現実です。

もちろん中の食品も回っていないとダメ。ターンテーブル式の電子レンジにちょっと大きめのコンビニ弁当を入れたら箱がぶつかってお皿しか回ってない、なんで状況は結構まずいです。

しかも問題なのがターンテーブルで回しながら加熱したとしても必ずムラなく温まるという訳でもないんですよね。

ターンテーブルに小さいパンをたくさん置いて温めたけど、このパンだけなんか冷たいみたいな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ターンテーブル式は低コストで製造できるから値段も安い

じゃあなんでそんな不便なつくりしてんだよ!その答えは「安くつくれるから」です。

温度センサーなんてつけなくても下に皿置いて回転させればある程度加熱できるし製作コストも安くなるよね、というのがリーズナブルな値段と簡単なつくりになっている理由です。

現に今でも「安く製造できてユーザーが満足してくれるならWin-Winじゃん」という理念のもと、様々なメーカーがターンテーブル式の電子レンジを安値で販売しています

それでもリーズナブルさというのは非常に重要なポイントなので、あまり多くの機能はいらない、安ければ問題ないと考える場合はターンテーブル式の方がコンセプトに合っています。

ただもしターンテーブル用のお皿が割れてしまった場合は替えを用意する必要があります。とはいってもそこまで高価なものではないのでやはりコスト面ではターンデーブル式に軍配が上がりますね。

電子レンジのお皿が割れたら?ターンテーブルを出費を抑えて取り替える方法や注意点まとめ

2018.02.11

フラットテーブル式はどうなの?

フラットテーブル式の場合はアンテナを回転させているかアンテナ付近に金属のプロペラのようなものがついているなど、マイクロ波を拡散させるしくみが整っています。

そのためアンテナを固定させているターンテーブル式とは違って、ターンテーブルなんてなくてもムラなく食品を温められるというわけです。

電子レンジにギリギリ入るような弁当箱を温めたい時、もしくは複数の食品を同時に加熱したいときは特に重宝することになります。

また室内の容量をフルに活用できるのもフラットテーブル式の強みです。

ターンテーブルに載せて食品を回さないと温まらないのに比べて、フラットテーブル式は容量いっぱいにスペースを使うことができるのが魅力ですね。

ターンテーブル式のあたため時間は「重量」で決まる

ターンテーブル式の電子レンジは置いた「もの」の重量で加熱時間を決定します。

例えばターンテーブルの上にご飯の入ったお椀を置くとして、100gのご飯と30gのお椀で合計130gの食品が入っていると判断して温め時間を設定してしまいます。

つまりターンテーブル式電子レンジの場合、重たいお皿を使ってしまうとムダに加熱時間が長くなってしまうわけですね。

自分で加熱時間を設定するにしても、「このワット数でこの時間温めるとだいたい丁度よくなるかな?」と想像で判断しないといけません。

一方でフラットテーブル式の電子レンジは重量ではなく、温度を的確に測れる赤外線センサーが使われています。

なので「入れた食品が何℃になるまで」という明確な温度設定が可能になります。けっこう温めたけどあんまり温まってないなーもう一回!ということがなくなります。

とまぁここらへんの性能差もそれぞれの違いだったりします。やはり値段の高い電子レンジにはそれだけの理由と性能があるということですね。

おすすめできるフラットテーブル式オーブンレンジ

そんなわけで、電子レンジ・オーブンレンジに限らず基本的にはフラットテーブル式のほうが性能面で優秀であるということをお伝えしてきました。

ただその性能ゆえにフラットテーブル式のオーブンレンジはターンテーブル式の製品よりも値段が高くなりがちです。

そもそも単機能レンジでフラットテーブル式の製品は少ないですし、安さがウリなのがターンテーブル式の強みですからね。

しかしフラットテーブル式のオーブンレンジで、なおかつ高い性能を維持したまま値段も比較的安い製品というのも少なからず存在します。

「フラットテーブル式のほうがいいのは分かったけど、あまりオーブンレンジにお金はかけたくない」という方にとって非常に重宝する製品をご紹介。

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L ホワイト MO-F1801

「低価格でそこそこの性能」といえばアイリスオーヤマ。

オーブンレンジとなればターンデーブル式の製品でも10,000円を超えるのがザラですが、この製品はフラットテーブル式でありながらもお値段約15,000円というリーズナブルさがあります。

さらに性能面で上なのはなにもフラットテーブル式だから、というだけではありません。

  • 温度調整は200・500・700・900ワットの4段階調整が可能
  • オーブン出力は最大250℃まで可能
  • 室内スペースは食パン4枚を並べてトーストできるくらいの広さ
  • 通常のあたためスタートはもちろん、解凍やトーストのほか十数種類の料理メニューあり

その他もろもろ、フラットテーブル式という利点を差し引いても同じ値段帯のオーブンレンジとは比較にならない性能を有しています。

さすがに数万円とするビストロやヘルシーシェフなどのスチームオーブンレンジと比べると性能面で見劣りしますが、1,5000円程度のオーブンレンジでこれだけの機能があれば十分すぎますね。

「ターンテーブル式のオーブンレンジは避けたいけど、できるだけ安価で性能のいいオーブンレンジが欲しい」という方にとって、この製品はまさにベストチョイスとなります。

シャープ ウォーターオーブン ヘルシオ 18L レッド AX-CA200-R

フラットテーブル式かつ単体の性能も求めたい方へはシャープのヘルシオをおすすめします。

ちなみにウォーターオーブンというのは一般的なスチームオーブンレンジとは一味違って、基本的に加熱水蒸気のみで食品を加熱します。

そうすると普通のスチームよりも約8倍ほど大きいエネルギーで加熱できて、かつ大量の水蒸気を使っているため油分塩分も落ちやすい。つまりはよりヘルシーな仕上がりになるわけですね。

大きさ・室内容量はさきほど紹介したアイリスオーヤマ製のオーブンレンジと大差はありませんが、こちらはリーズナブルさというよりも性能で勝負しているオーブンレンジといえます。

そのためAmazonでも評価は非常に高く、2018年9月現在でも平均評価4以上かつ30件以上のレビューを獲得しています。

つまりは気になる情報や使い心地は多くのレビューの中から確認できるのも利点になります。1つ上の性能と使い心地、安定を求める場合はこちらのヘルシオを使ってみることをおすすめします。

まとめ

といったところで、以上がターンテーブル式とフラットテーブル式の紹介でした。

要約すると「フラットテーブル式のほうが加熱ムラも少なく、性能も高いものが多い」というところですね。

なんでこんな記事を書いたかというと、ターンテーブル式のほうがお皿が回ってお得!と感じている人がわりと多いんじゃないかと感じたからです。

ターンテーブル式の製品はその安さも相まって優秀だと勘違いしてしまいがちですが、性能を求めるのであればフラットテーブル式の電子レンジないしオーブンレンジを選ぶようにしましょう。

【関連記事】

【5分で分かる】2018年の電子レンジ・オーブンレンジの選び方。種類や違い・メーカーごとの比較

2018.10.19

電子レンジのお皿が割れたら?ターンテーブルを出費を抑えて取り替える方法や注意点まとめ

2018.02.11

【電子レンジ用】各メーカーごとのターンテーブル一覧

2018.05.09