日立の冷蔵庫、真空チルドについて理解しよう!




日立の冷蔵庫でよく見られる「真空チルド」

なんとなくチルドルームを真空状態に近づけるんじゃないかな?
という想像は立ちますが、それによってどんなメリットがあるのか。

こんかいはそんな真空チルドについてお伝えしていきます。

 チルドルームを真空状態に近づけるメリット

まず名前に真空と入っていますが、これはチルドルーム内を100%真空状態にするのではなく、ルーム内の気圧を約0.8ほど(普通の気圧は1.0)にする仕組みを真空チルドと呼んでいます。

そうすることで室内の酸素量も20%ほどカットすることができ、ルーム内に保存している食品の酸化を抑えることができる = 鮮度をより長く保たせることができる、というロジックになっています。

回らないお寿司屋さんのチルドルームでもこの技術が活用されているところもあり、魚の切り身などの劣化が早い食品でも、ラップをかけずに真空チルドで保存するだけで数日間、新鮮なままの状態を維持させることができるのです。

そのような業務用に近いシステムを家庭でも活用することができるのが、日立を筆頭とした真空チルドを搭載した冷蔵庫になります。

 

 真空チルドは乾燥対策もバッチリ

真空チルドルーム内は約0.8気圧の状態を保つため、ほぼ密閉構造となっています。

そのためチルドルーム内を冷やすときは冷気を直接あてずに、まわりから内部を冷やすような仕組みになっています。

これが実は食品の乾燥対策にもなっていて、普通の冷蔵室やチルドルームだと冷気が食品に直接あたってしまい、食品の乾燥が早まる原因になてしまいますが、真空チルドの場合は前述した密閉構造により、通常よりも食品の乾燥を遅らせることができます。

ラップをせずとも食品の鮮度を保てる理由は気圧低下による酸化の抑制だけではなく、こういった乾燥しづらい空間のおかげでもあるのです。

 

 普通のチルドルームとの比較

ひき肉を普通のチルドルームと真空チルドルームとで保存したときの比較です。

真空チルドで保存することで食品の酸化を抑え、結果的に変色が少なくなり、それまでの鮮度をより長く保つことができています。

外見としての鮮度もそうですが、普通に冷蔵保存させたときにありがちなドリップ(内部の液体が漏れてしまうこと)も少なくすんでいます。

これは直接的に冷気があたらないことによって乾燥が少なくなっていることのあらわれで、食品の風味をできる限り維持させる真空チルドのよさが発揮されています。

 

 まとめ

 

冷蔵庫は食品の鮮度をいかに長く保たせるかが重要な家電です。

普通の冷蔵庫を使っているとき、ほんとうは冷蔵室で保存しておきたいけど腐らせないためにあえて冷蔵室に食品を入れておく、という経験をされた方も多くいらっしゃると思います。

劣化が早い肉類や魚なんかでありがちなやつです。

しかし食品を凍らせるということは食感や風味の劣化につながるので、生もの系はなんでもかんでも冷凍室へ、ということはできれば避けたいところです。

そういった状況にこそ今回の真空チルドが活きてきます。

上のような経験がある方は、
真空チルドのついた日立の冷蔵庫を使ってみてはいかがでしょうか。。。