電子レンジ・オーブンレンジの違いと機能の種類




同じ大きさでも、1万円弱で購入できる安価な電子レンジもあれば、5万円以上するオーブンレンジなど、その種類や機能によって大幅に値段が違ってくるのが電子レンジ及びオーブンレンジの特徴です。

幅広い価格をもつ家電ではありますが、ではその値段以外に何が違うのか?今回は電子レンジやオーブンレンジの種類や違いについて、シンプルな機能のものから順々に紹介していきます。

単機能レンジ

一般的に電子レンジというのはこの単機能レンジのことを指しています。

料理を「温める」機能のみを持っているだけに、デザインや使い方がシンプルかつ非常に安い値段で購入することができます。

もちろん機能としてはそれだけですので、パンをトーストしたりチーズに焦げがつくまで焼きたいといった様なことは単機能レンジで行うことはできませんのでご注意を。

具体的には、温める物の水分を電波で振動させて熱をおこしています。あくまで温めるだけで焼いているわけではないのです。

また、温めたい物があまり水分を持っていなかった場合はうまく温めることができません。

それ以外であれば問題なく温めることができますので、あまり料理をせずお金をかけたくないといった方はこの単機能レンジを購入するという選択肢もあります。

温めるだけでなく「焼く」機能が欲しい方は、次の項で解説する「オーブンレンジ」を購入するようにしましょう。

オーブンレンジ

単機能レンジとは違い、料理を温める以外に、「焼く」ことができるのがこのオーブンレンジです。

前述したとおり、パンをトーストしたりチーズに焦げがつくまで焼くといった事ができますので、ちょっとした料理をしたい方はオーブンレンジを購入するべきだと思います。

最近ではオーブンレンジも1万円ちょっとで売られていますので、今は料理をするつもりがなくとも今後のためにオーブンレンジを選択するといった方は非常に多いです。

なんといってもトースト機能はパンを焼くうえで重要になってきますからね。。。

 

基本的に単機能レンジはその安価な値段上、ツマミで温度や時間を調整するものがほとんどですが、オーブンレンジはボタン式のものが数多くあります。

パンや魚を焼く、解凍などの温度設定もボタン1つで設定できる機器もありますので、特に理由がなければオーブンレンジを購入することをオススメします。

スチームオーブンレンジ

オーブンレンジの機能に加えて、水蒸気を発生させて「蒸す」機能がついているのがこのスチームオーブンレンジです。

単純に料理の幅が増えますし、ラップを使わずとも表面だけでなく内側までしっかりと熱を通すことができるので、単純に加熱だけを行う電子レンジよりもムラなく料理を温めることができます。

また電子レンジや普通のオーブンレンジよりも容量の大きい機器が多いので、一度に複数の料理を温められるのも特徴です。

 

ただ機能が多い分、値段が高いのと、容量が大きいだけに加熱に時間がかかってしまう点も考慮しましょう。

パンを焼く時間を比べたときに、普通のオーブンレンジだと2~3分で焼きあがるけど、スチームオーブンレンジだと5分ほどかかってしまう、といったケースもあります。

そこまでこだわった料理をされない方はオーブンレンジでも十分に役割をはたしてくれます。

料理をよく行う、いろんな料理を試したい方はスチームオーブンレンジを購入すると、つくれる料理の幅が大きく広がります。

まとめ

単機能レンジ オーブンレンジ スチームオーブン  レンジ
値段 約10,000円弱 約10,000円~20,000円弱 約20,000円以上
機能 単純な温め機能のみ

単純な温め機能 +「焼く」機能

単純な温め機能 +「焼く」機能    +「蒸す」機能

最近はオーブンレンジの需要が高くなり、開発がすすんだ影響で単機能レンジと大きく値段が詰まっています。今やその差は一万円も無いでしょう。

スチームオーブンレンジは高機能ですが値段は少し上がり、あまり料理をされない方はその機能もあまり使わず持て余してしまう方が多い傾向にあります。

よく料理をするのであれば「スチームオーブンレンジ」

あまり料理をしないのであれば「オーブンレンジ」

といった選択をされるとよいかと思います。

特に「普通の電子レンジが欲しい」といった方は、単機能レンジよりもオーブンレンジを購入することをオススメします。

【関連記事】

電子レンジやオーブントースターと一緒に揃えたい便利グッズまとめ

2018.05.07

失敗しない家電の選び方-電子レンジ・オーブンレンジ編-

2017.10.21